死んだ細胞

皮膚の一番表面の部分を表皮と言います。角質という言葉もよく聞きますけども角質も表皮の一部分と言えます表皮の一番上にある死んだ細胞のことを角質層と呼びます。そしてその下の生きた細胞を表皮細胞と言います。この角質層と表皮細胞のそうとは区別されています。角質層ですが肌の一番表面にある。表皮細胞の新だものでできているものということができます。約30%の水を含んでいるといわれています。この角質層の働きですが、皮膚に触れるすべてのものの、~体を守ってそして内部の水分が外に蒸発しないように保護するという働きがあります.つまりバリアとしての働きをするのが角質層ということになります。この角質細胞は死んでいってやがてはアカとなって落ちて行きます。この角質細胞を取りすぎると体には良くありません。バリア機能がなくなってしまうということになるからです。ですから、お風呂に入ったときに角質層をゴシゴシと擦らないようにするのは賢明なことです。リジュン